国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 4月のイルクジカフェ開催しました

こんにちはー!
ボランティアのきくちゃんです。

藤沢本町にあるダイバーズカフェにて、4月イルクジカフェを行いました!
集まってくれたボランティアスタッフに加え、昨年10月の由比ヶ浜のビーチクリーンに参加してくださった方や、アイサーチ ホームページを見て来てくださった方も加わり盛り上がりました。


今回のテーマは「水族館」ということで、
おすすめの水族館の写真や本を各自持ち寄り、見せ合いながら、水族館の魅力や情報を話し合いました。

皆さん好きな生きものなので写真も生き生きとした表情を撮影されてました♪

また、イルカショーやシャチショーでどこの水族館が一番水に濡れるかや、ショーにでているイルカやシャチの家族構成や血縁関係の話など、アイサーチならではのシャチやイルカ話等もたくさん出ました。

終盤では、ミンククジラの肋骨の骨や、ミンククジラのヒゲ板、ハンドウの歯やサメとエイの歯などを手に取り、1つひとつをよく見ながら、なんの生きもののものかを当てるクイズをしました♪

歯の形やヒゲ板の色の違い、匂いなど、実物に触れることで、図鑑ではわからない五感を使っての観察ができました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


2019年4月18日(木) IrukujiCAFE 2019 Apr.

イルカのアイコン 田野畑中学校から修学旅行生が研修に来てくれました

こんにちは。スタッフNです。
4月11日木曜日、岩手県から中学生がアイサーチ・ジャパンを訪ねてくれました。

太平洋に近い田野畑中学校の3人です。
いつも海を身近に感じて暮らしているとのこと。
「海のことやイルカクジラのことを知りたい」と、修学旅行の訪問先にアイサーチを選んでくれました。

事前に質問事項も考えてきてくれた3人。
アイサーチの活動やイルカクジラのミニ知識を熱心に聞いてくれました。

そして、海の環境学習教室「粘土でイルカをつくろう」を体験。

細かな部分もこだわって、イルカらしいシルエットを作ってくれました。
さすが中学生!!

世界で一つだけのイルカが出来上がりました~!!


このあとは東京ディズニーランドに行く予定とのことでした。
修学旅行楽しんで帰ってくださいね。

今回の機会をくださった、田野畑中学校の先生方、来てくれた3人のみなさん、ありがとうございました。

この日生まれたイルカたちはこちら↓
4月11日生まれのイルカたち

イルカのアイコン 3月のイルクジカフェ開催しました

こんにちは。関西ボランティアスタッフのアイです♪
3月28日に「イルクジカフェ」を開催しました!
今回のテーマは「教えて!みんなのエコ活動」
私はオンライン上にて参加をし、話をリードするホスト役を担わせていただきました。

エコは、アイサーチの活動にもしっかり紐付いてくることなので、普段みなさんがどのようにしてイルカやクジラのことや海のことを思って、エコ活動しているのかを聞いてみました!

・“ポイ捨てはいけない”などと言い回ることよりも、実際に自分でゴミを拾う姿を通して伝えていく(言葉でなく行動で示す)
・小さな頃から環境問題のことを考えていて、気付いたらゴミ拾いをしていた
・アルミ製のマイストローを持ち歩く
・スーパーなどのトレー回収BOXを利用する
・車のアイドリング、運転に気を付ける
・海のゴミ拾い、陸のゴミ拾い、どちらも行う

石垣島でエコツアーガイドしている方は、 島に暮らすからこそ出来ることも実行されていました。

・サンゴ礁保全のために、陸域に木を植える
・ツアーの中でお客さんに、海や山や星のことなどを伝えて、みんなに環境意識を広めていく

そして、イルクジカフェの開催場所であるダイバーズカフェの店内もエコなこといっぱいでした。

・ストローはプラスチック製ではなく、紙ストロー
・照明はLED

このほかにも話せば話すほど、さまざまなことが出てきました。

中でも、特に印象に残った言葉は
「すべての活動は、私たちの「『ごはん』につながる」
最後の「ごはん」ということころは私達が口にする食事のこと。

みなさんの活動を聞くと、それぞれがしっかり意志を持って活動されてることが伝わってきました。

最近、私もほんの身近なことからエコ活動をしています。

例えば、
マイボトルにお茶を入れて持ち歩いたり、
マイボトルにお茶やコーヒーを入れてもらえるカフェやお茶屋さんに行ったり、
マイバッグを持ってコンビニやスーパーで袋をもらわないようにすること。

今回の参加は、オンラインでしたが、私もお店に行って参加できることができたらなーと思いながらレポートを締めます。

ありがとうございました\(^o^)/



※オンライン参加はボランティアスタッフ特権!
距離があっても心はつながっている。

イルクジカフェは、スタッフも参加者もいっしょに「イルカ・クジラのために何かしたい。もっと知りたい」想いを繋げる場。
次回の開催は・・・

2019年4月18日(木) IrukujiCAFE 2019 Apr.

イルカのアイコン 2月イルクジカフェを開催しました!

こんにちは。スタッフのNです。

2月12日(火)の夜は、ダイバーズカフェで2月のイルクジカフェを開催しました。

Whale Artist あらたひとむ さんをゲストとしてお迎えしたこの夜。

参加者は10名ほど集まり、イルカ・クジラや海の話で大盛り上がり!

オンライン上で参加できる時間も設け、関西にいるスタッフも会話に交じることができました。

自己紹介から始めましたが、皆さんイルクジや海が好きな人たちが集まったので、自然と話題はイルクジ話へ。

あらたさんの、一歩踏み込んだ鯨類イラスト・デザインの話を伺うことが出来たり、それぞれ自分の好きな鯨類の話をしたり。

小笠原の話や、沖縄の話、東京湾の話、、様々な海の話も出てきました。

そして大切な地球環境の話も。

皆で同じ話を分かち合ったり、いくつかのグループに分かれたりと、席替えなどしながら、いろいろな人の交流が生まれた場となりました。

 

初めて会った人同士だけど共通の知り合いがいたり、海つながりの仲間が見付かったり。

海は広いけど、海の世界は狭いですね~!と言って笑い合ったり。

それだけ、人と人との距離も近い世界なんだろうなと感じました。

お店の中、あちらこちらから笑い声や驚きの声が飛び交った、楽しいひととき。

会の終わりは名残惜しかったです。

豪華なあらたさんグッズ販売も!アイサーチも手ぬぐいなど販売し、買いたい人はイルクジグッズを持ち帰って心もほくほくでしたね。

参加してくれた皆さん、どうもありがとうございました!!

また次回も楽しみましょう~!

 

■ゲスト:Whale Artist あらたひとむ さん

クジラをモチーフにしたイラストやデザイン、絵本やグッズ製作をおこなう。
東京国立科学博物館「大哺乳類展~海の仲間たち~」公式キャラクターや映画「誰もがクジラを愛してる」日本版イメージイラスト、カシオG-SHOCK/Baby-Gイルクジモデル、小笠原村観光局 公式キャラクター「おがじろう」などクジラにこだわり活動を展開。

I LOVE WHALES あらたひとむホームページ

Top