国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 2017年11月25日(土) 「11TH 渚のファーマーズマーケット」に出展しました!

2017年11月25日(土) 千葉県長生郡一宮町で開催された「11TH 渚のファーマーズマーケット」に出展してまいりました。スナメリも暮らす海のすぐそばにある芝生の公園で開催されるこのイベントは海を愛する方がたくさん来場されるハートウォーミングなイベントです。

今回、アイサーチは「ねんどでイルカをつくろう」のワークショップを実施しました。

1回のワークショップ参加者は最大で6名という少人数で、5回実施いたしました。

今回は湘南在住の造形家でこのイルカの作り方を生み出した成田穣さんが

スタッフとして参加してくれました。

潮風に吹かれながら、青空の下のんびりと作ったイルカたち。

年少さんから小学校高学年の23人の子どもたちの手から生まれたイルカたちを

どうぞご覧ください。

11月25日生まれのイルカたちはコチラ♪

ご来場くださった皆様、主催者の皆様、どうもありがとうございました。

 

 

イルカのアイコン ザトウクジラ(全身骨格標本)の名付け親になりました

こんにちは、事務局Iです。

先月19日、大阪市立自然史博物館で開催されたザトウクジラ(オス・全身骨格標本)の命名式が行われました。

その名前は~「ザットン」

応募数561票の中、決定した愛称には36票ある中、光栄なことに命名式に参加させていただきました!

先日特別展に行った際、こっそり応募していた私、日頃のクジラ愛、ホネ愛が通じたようです♪

 

ギャラリートークで、ストランディング個体の回収から解体、骨格標本として展示されるまでの様子を聴き、

「海岸から骨を回収する際に、波がザーッと押し寄せてきて、危うく持っていかれるところだった。」

というところがとても印象的でした。

そして、ザトウクジラだったことから(単純。笑)、この名前を選びました。

 

大阪市立自然史博物館では、骨格標本づくりを目的に「なにわホネホネ団」という市民団体が活躍されていることにも注目です。

市民が、標本づくりという実体験を通して、命の大切さを実体験を通じて学び、つなぐ活動に参加できる機会は珍しいですね。

 

また、こちらの博物館は、標本づくりに関して強い信念と熱い思いを持たれています。

詳しくは、

「標本の作り方~自然を記録に残そう~」大阪市立自然史博物館 編著/東海大学出版会

を読んでみてください。

ビーチコーミングする人にもオススメ☆

 

多くの人に、地球の壮大さ、生き物のすばらしさ、命の大切さが伝わりますように。

「ザットン」にあえる特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―」は10月15日(日)まで!

ぜひ会いに行ってみてくださいね。

イルカのアイコン 大阪市立自然史博物館に行ってきました!

こんにちは、事務局Iです。

先日、大阪市立自然史博物館に行ってきました!

入口では、ナガスクジラとマッコウクジラの骨格標本がお出迎えしてくれます。

ずーっとこれを見たかったんです!

 

上を見上げれば、滅多に見ることのない内部からの様子を、

見下ろせば、クジラのシルエットを見ることができます。

これって、時間によってはシルエットに影が収まるのでは??

 

この日のお目当ては、

特別展「瀬戸内の自然を楽しむ」のギャラリートーク「瀬戸内海に生息するクジラ類

動物研究室の学芸員の和田さんより、ストランディング個体の回収から解体、骨格標本として展示されるまでの様子や標本の詳しい解説、大阪湾でスナメリにあえるポイントなどを詳しくお話ししていただきました。

ギャラリートークの内容は、YouTubeでも公開されていますので、ぜひご覧ください。

第1部「瀬戸内海でのクジラ類の記録」

第2部「瀬戸内海で暮らす唯一のクジラ類『スナメリ』」

第3部「大阪湾に2015年に漂着したザトウクジラの回収顛末と骨格標本」

 

私も後頭部ががっつり写っています。探してみてね(笑)

 

 

骨格からもその個体の成長程度がわかることなど、わかるともっと面白いですし、

大阪湾内のフェリーからもスナメリが見られることもあるとのこと、ぜひ乗船してみたいですね!

 

特別展に展示されているザトウクジラの骨格は9月3日(日)まで名前募集中です!

私も応募してきました~。

ぜひみなさんも会場で応募してみてくださいね。

 

特別展も常設展も隅々まで見ごたえありです!

人と生き物、自然のつながりを見て、体験して、感じて、考える一日になりました。

大人だけでなく、子どもも一緒に楽しめることまちがいなしです♪

 

特別展「瀬戸内の自然を楽しむ」は、10月15日(日)まで開催。

Top