国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン ロハスフェスタ万博AUTUMNに出展しました

はじめまして!
新人ボランティアのSです。

さわやかな青空の下、2日間に渡り「 ロハスフェスタ万博2018AUTUMN」に出展してきました!

アイサーチブースは、環境教室のミニワークショップ「ねんどでイルカを作ろう」、本物のクジラの歯やヒゲ板に触れられる「なんだろうBOX」、エコグッズ満載の「出張Flipper’s STORE」の豪華3本立て。
どれも大好評で、たくさんの人でにぎわいました。

1日4回のミニワークショップは、急遽、増席したものの、お昼前には全て満席になる大盛況。

満席後にブースに訪れてくれた子どもたちには、ミニワークショップの代わりに「なんだろうBOX」で珍しいクジラの身体の一部に触ってもらったり、シールをプレゼントしましたが、11月17.18日に行われる「大阪自然史フェスティバル」等の機会にアイサーチ・ジャパンのワークショップを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

そして、私事ではありますが、今回はワークショップのお姉さんに初挑戦させていただきました!

 

私は、4月に行われた同イベント(ロハスフェスタ)でアイサーチ・ジャパンの活動を知りました。

そこから、わずか半年程。
同じ場所で今度はワークショップに行う側になり、巡り合わせの妙味を感じながらのデビューとなりました。

ねんどでイルカを作る工程を丁寧に説明し、子どもたちに環境の話を分かり易く伝える・・・簡単ではありませんでしたが、先輩ボランティアの皆さんの優しいレクチャーと、明るい励ましを受けて何とか無事に務めることが出来ました!

実際にワークショップを経験してみて、やり甲斐を感じたことは、子どもたちが想像以上に私たちの環境へのメッセージを真剣に聞いてくれた事です。
ロハスフェスタという場所に集っているからか、「どうやったら海のゴミがなくなると思う?」という質問に対し、「ポイ捨てしない!」「リサイクルする!」といった元気な声が次々に上がった時はとても嬉しかったです。

短い時間ではありますが、一緒にクイズをしたり、世界で一頭だけのイルカを作ったことで、イルカやクジラを身近に感じる気持ちが育ち、彼らの棲む海に対する意識も高まってくれたのではないかと思います。

子どもたちの作ったイルカは一頭一頭表情が違って可愛らしさがあり、アイデアいっぱいの名前、何よりも完成したイルカを見つめる嬉しそうな笑顔を見ると、本当に幸せな気持ちになりました!ワークショップに参加してくれた子どもたちへ、心から「ありがとう」という気持ちを伝えたいです。

また、いつも黒潮町でのイベントに足を運んでくれているイルカクジラ博士くんとの再会があったり、ブースに興味を持って下さった方々とのイルクジトークもスタッフにとって充実したひとときでした。

 

今回のイベントで少しでもアイサーチ・ジャパンの活動に興味を持って頂いた方は、是非、お気軽にご連絡下さいね!

そして、子どもたちからのワークショップの感想や質問のおたよりもお待ちしています!
(最後に配った水色エコバックの中に、おたより用の紙が入っているよ!)

 

ロハスフェスタで生まれたイルカたちはこちら↓

11月3日生まれのイルカたち

11月4日生まれのイルカたち

 

この度 ご参加頂いた皆様、 本当にありがとうございました。

イルカのアイコン 秋のビーチクリーンアップin須磨を行いました

10月21日、須磨海岸でビーチクリーンアップを行いました。

アイサーチ初のごみ調査(どんなごみがいくつ落ちているか数えます)です。

少人数で、のんびりじっくり取り組みました。

 

今年6月、須磨近くの明石海峡では数頭のミナミハンドウイルカの群れが現れ、話題になりました。

実は、神戸や明石ではそんなに珍しい話ではないんです。

漁師さんや遊覧船に乗った子どもたちもしばしば目撃しているんですよ。

クイズに答えてイルカ・クジラってどんな生き物か思い出してみました

 

そんなイルカのすむ海を目の前に、ごみ拾いをすること30分。

一見何も落ちていなさそうな砂浜でしたが・・・

品目分けが難しい。細かく砕けて何かわからないものも。。。

 

なんと集まったごみは45L袋5つ分!(入らない大きいものもありました)

国際クリーンアップ(ICC)という世界共通の方法で、ひとつひとつ品目を数えていきます。

結果は・・・

 

―拾ったごみトップ10―

1 硬質プラスチック破片
2 ペットボトルキャップ(プラスチック)
3 発泡スチロール破片
4 ストロー、マドラー
5 食品容器(プラスチック)
6 ふた(プラスチック)
7 ロープ、ひも
8 牡蠣養殖用まめ管(長さ1.5㎝)
9 その他プラスチック袋
10 食品の包装・袋

 

この調査結果は、日本での漂着ごみの調査・集計や海ごみ問題の普及啓発を行なっている一般社団法人JEANに送ります。(アイサーチと愛知万博で共同出展していただいたこともあります)

JEANが毎年出している海ごみトップ10と比べてみるとほぼ同じラインナップ。(前年度の結果はJEANのホームページから見ることができます)

8位の「牡蠣養殖用まめ管」は去年全国1位でした。瀬戸内海では非常に深刻な問題となっているんです。

今年、世界中で使用の見直しが進められた「ストロー」は4位。(私、ほかの海岸で定期的にビーチクリーンしていますが、こんなに多く拾ったのは初めてでした!)

 

20年ほど前、須磨の海は緑色をしていて、泳げるものではなかったそうです。

このままではいけないと思った地元の方々や行政が改善に取り組みました。

そして今では、海は底が見えるくらい澄んだ水の色をしています。

砂浜も整備され、人々の憩いの場となっています。

透き通った海を覗くと小さな魚(ボラ)たちが見える

 

それでもまだまだ落ちている海ごみ。

拾っても拾っても拾いきれないごみを見ると悲しくなってくることがあります。

どうしたら海ごみをなくせるのでしょう?

ごみもただ拾うだけではなくて、ひとつひとつ調査することで、見えてくることがあります。

参加してくれたみなさんもそれぞれに感じたことがあるようです。

 

大好きな海のため、いつまでもイルカ・クジラに出会える地球であるために

何をすべきか、何ができるのか、考えていきたいですね。

 

ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!

 

さて、来週10月28日(日)は、由比ヶ浜(神奈川・鎌倉)でビーチクリーンアップです!

関東のみなさま、ぜひぜひご参加くださいませ。

イルカのアイコン 10月のイルクジカフェは仮装して語り合いました!

スタッフなおです。

10月18日、ボランティアスタッフ「マスター」のお店ダイバーズカフェで、「10月のイルクジカフェ」を開催しました!

まるで海の中にいるような「ダイバーズカフェ」。

もうすぐハロウィーンとのことで、プチ仮装をしながらの楽しい会になりました~!

 

私なおは、夏の間、沖縄のボランティアスタッフ「あきら」のお店「石垣島エコツアーりんぱな」にて、自然の中へお客様を案内するエコツアーガイドのお手伝いをして来ました。

アイサーチの伝えている、「ミズノツナガリ」を、まるごと感じられる石垣島。
その自然のつながりの中で暮らした日々を、写真など見ながら皆さんにお話させていただきました!

 

すると、出会いとは不思議なもので。
ちょうどダイバーズカフェにいらっしゃった常連のお客様は、北海道の山登りをしてきたとのこと。
南の島と北の国・・・両極の写真を並べたりして、話がさらに深まりました。

  

サンゴ礁の海も、雪のつもる山も、みんな同じひとつの空でつながっている・・・

宇宙から届く太陽の熱で、海の水が蒸発し、空へと旅を始めます。
やがて雲となり、雨や雪になって大地へと降り立つのです。

こうして、水の惑星ー地球は、ずっとずっと昔から、宇宙をめぐりながら命をめぐらせてきました。

私たち人間も、その一部分なのですね。

 

 

この日は、クジラのレア物も出現!

なみさんが長崎の で見付けた、クジラのヒゲ板と耳骨を持ってきてくれました。

みんなで手にしながら、
「これは一体どの部分・・・?まったく検討がつかない(笑)」
「けっこう重たい!」
「こんな形してるんですね~!」と、驚きの連続。

ワイワイ写真を撮りながら、ホンモノに触れる機会を楽しみました。

 

マスターが、美味しいドリンクを作ってくれるダイバーズカフェ。

イルクジトークに花を咲かせるだけでなく、そのテイストも毎回の楽しみです^^

今月は来れなかった人から「またマスターのあのドリンクが飲みたい~!」という声も。

近くに遊びに行った方は、ふらっと立ち寄ってみることをオススメします♪
明るく楽しい空気をみんなに届けてくれるマスターが、素敵な笑顔で迎えてくれますよ^^

 

次回のイルクジカフェは、11月8日です!

造形作家の成田穣さんをお迎えし、「大人だって粘土でイルカを作りたい!~タイセイヨウマダライルカを作ろう!~」のワークショップを開催します。

人も、海も、すべてひとつにつながっている・・・
この水のつながりに感謝し、明日もこの地球での暮らしを大切にしたいと思います。

 

ありがとうございました!

Top