国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 2018.04.21-22 ロハスフェスタ万博に出展しました!

こんにちは、スタッフIです。

「暮らしの中でのちょっとした心がけから『小さなエコを大きなコエに』」をテーマに

大阪にある万博公園にて開催されたロハスフェスタに初めて参加してきました。

ロハスとは、

“lifestyles of health and sustainability” (健康で持続可能な、またこれを重視する生活様式)

の略で、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルのことだそう。

かつ、おしゃれなイメージもありますよね。

ロハスフェスタでは、マイ食器、マイ箸、マイバッグ持参を推進されていて、

マイボトルにお茶を汲んでくれるところもあって、

かわいい雑貨のお店もたくさん!

そんなすてきなイベントで、今回初出展したアイサーチ。

イルカすくいをメインにイルカ・クジラや海とのつながりについてたくさんの人とお話しました。

SNSの情報を聞きつけて来てくれた人やイルカ・クジラの勉強をしている人、

サーフィンをしていて海が好きな人などたくさんの方たちが足を運んでくださいました。

 

イルカすくいには絶えず子どもたちが集まり、

通りがかりに「なにやってるの?」「イルカすくっちゃうの?」と覗く人たちでいっぱい!

始まってから一日中、それも2日間とも!!!

 

笑顔と歓声のあふれる中、

年齢や興味関心、反応に合わせて、

ひとりひとりと丁寧に向き合ってお話しました。

担当するお姉さんによって、少しずつ異なる小話、ふれあいがあるのも面白いところなんです。

子どもたちからは

「またやりたい!」

「海に遊びに行ったら今日と同じようにイルカすくうよ!」など

たくさんの言葉をもらいました。

 

子どもたちがクイズやイルカすくいを楽しんでいる間、

大人の方からも

「本物を初めて見ました」

「この夏、子どもを連れてイルカに会いに行ってみようかな」

「まさにエコだね~」

とさまざまに声をいただきました。

 

毎回同じプログラムをしていますが、

人によって伝え方も違えば、伝わり方も違う。

それが面白いところだなとあらためて感じた2日間でした。

 

お越しいただいたみなさま、ロハスフェスタ運営のみなさま、

どうもありがとうございました!心から感謝いたします。

イルカのアイコン 2018.4.15 「アイサーチボランティア説明会in関東」を開催しました!

こんにちは、事務局Nです。
 
2018415日(日)
「アイサーチボランティア説明会 in関東」を開催しました。
 
アイサーチの団体概要、理念、活動内容の説明の他に、
「粘土でイルカを作ろう!」のワークショップ体験や、
他プログラムのお披露目も行い、充実した時間となりました。
 
朝は春の嵐。海からめぐってきた雨粒が、窓に叩きつけられる凄まじさ。
でも昼前には太陽が顔を出し、青空と共に説明会の始まりです。
 
 
イルカ・クジラと海の自然の素晴らしさと大切さを伝える活動に取り組む、
アイサーチ・ジャパン。
「アイサーチとはどんな団体か?」「どんな活動をしているのか?」
適宜質問も受け付けながら、お話させて頂きました。
 
 
その後の自己紹介タイムでは参加者同士も言葉を交わし合い、和やかな雰囲気へ。
 
そしてお待ちかね!粘土イルカワークショップ。
 
 
 
真剣な表情でイルカ作りに取り組む皆さん。
「つい無言になってしまいますね」なんて言って笑ったり。
さすが皆さんイルカ・クジラ好きなだけあって、イルカの形をよくわかっていらっしゃるので、
見本のような美しいイルカたちが続々と生まれていました!

→ 4月15日に生まれたイルカたちはコチラ ←

 
そして最後は、自然のつながりの話から環境問題の話へと展開していきます。
みんなで「未来のために、今、私たちに出来ること」の意見を出し合い、
一人ひとりの宣言をカードに書いてもらいました。
 
 
最後、お時間の許す方は1時間ほど交流会を兼ねたフリータイムを楽しんで頂きました。
小笠原の写真家さんの話を聞いたり、イルカ・クジラトークに花を咲かせたり。
やはりイルカ・クジラ好きは話が盛り上がりますね!
 
 
 
……イルカ・クジラのすむ海を大切にしたい
……1人でも多くの人に、自然環境のことを知ってもらいたい
私たちは、そんな思いから、
イルカ・クジラと海の自然の素晴らしさ、大切さを伝える活動に取り組んでいます。
「イルカ・クジラのために何かしたい」という想いと
「仲間でチカラを合わせる」気持ちがあれば、特別な経験やスキルは必要ありません。
 
まだまだボランティアスタッフ募集中です。
自然環境を考える入り口を、一緒につくっていきましょう!
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
 
大きなつながりの中に生きている私たち。
一人ひとりのチカラは小さくても、みんなで集まれば大きなチカラになる。
 
参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!!

イルカのアイコン カマイルカと会いに銚子へ行く。

こんにちは、P事務局長です。

東京から一番近いイルカ・クジラウォッチングポイント、千葉県銚子。
梅雨まっさかりの6月27日(土)にボランティアの有志とカマイルカと会いに行ってきました。

この日は朝からピーカンのお天気でテンションで向かいました。
が、しかし。。。
船が出港するマリーナに近づくと、何やらものすごい濃霧なのであります(涙)

船長に話を聞くと、この濃霧が晴れないと出港できないとのこと。
1時間ほど、散策をして待つことにしました。
choshiv0906271
・・・ね?すごい濃霧だったんですよ。ちょっと後ろにいる人が霞んじゃってるんです。
結局、霧が晴れた後、沿岸でスナメリウォッチングをしようかという話になったものの、
今度は白波がたってきてしまい、この日は出港することができず。

静岡からやってきた人、バイクで3時間半もかけてやってきた人・・・
みんな、けっこうがんばって集まったわけで・・・
テンションになりかけたボランティアと共に気分を切り替えて、
ずっと行きたかった水族館「犬吠崎マリンパーク」へ行きました!
choshiv0906272
みんなで記念撮影。
元気いっぱいな駐車場の係員のおじ様が撮影してくれました!
彼のイチオシのお土産は醤油を使ったロールケーキだそーです^_^;

ここにはハンドウイルカが4頭いました。
choshiv0906273
ショーが始まる前のイルカ。のんびりしてます・・・。
水が緑色なんですけど(゜-゜) ちょっと心配。

choshiv0906274
イルカショーはこんな感じ。

choshiv0906275
水平にジャンプしているイルカはギザギザ背びれが特徴のエルくん。

そのほかに外にはペンギンやアザラシがおりまして・・・

choshiv0906276
ペンギンたちはみな、どこか遠い彼方を見ておりました。。。
故郷を海の向こうに見ようとしているのかな?

choshiv0906278
アザラシがバイバイしているところ。なかなかマッタリした奴です。

水族館の建物の中には「クジラ展示コーナー」なるものが階段に沿ってありました。
数々のクジラヒゲや骨が飾ってあるなか、
ナガスクジラの大事なところのはく製が2つも展示してあり、
「本物はこの3倍です。」とのコメントに釘付けになりながら、
階段を上がっていくと、、、
choshiv0906277
恐竜とヒトデのタッチプールのコラボが繰り広げられていました。

なんていうか・・・
つっこみどころ満載で面白かったです。

イルカのアイコン 沖縄・那覇発ホエールウォッチングレポート

こんにちは、P事務局長です。
3月の半ば近くに沖縄へ行ってまいりました!
今回は時間の都合もあり、本島発のホエールウォッチング船に2箇所から乗ってみることに
しました。
那覇発と読谷村発。

那覇発の船には過去に1度乗ったことがあったのですが、
前回は大人数を乗せる船だったのですが、
今回は定員が少人数のホエールウォッチング船に乗船しました。
那覇発の船はものすごくたくさんの業者があって、もはや何社あるのか不明です・・・。
価格も大変安いです。そんなに安くてダイジョブなんでしょうか?と思ったりして。
そんな中で良質のホエールウォッチング船を見つけるのはなかなか難しいですよね。

今回は沖縄在住のアイサーチスタッフルキちゃんと一緒に乗船。
彼女は座間味村ホエールウォッチング協会にも関わっております。

さて。
今回お世話になったのはホエールウォッチングを始めて11年目のロコマリンサービスさんです。
沖縄の場合、ダイビング業者が冬だけホエールウォッチングを行ってるところが多いです。
出航は那覇市沿岸漁港。
約3時間のホエールウォッチングへ出発です!
nagaww0903131

nagaww0903132
こちらが乗船する船、マハロ号!
クジラのシーズン以外にはダイビングの船として活躍しています。

nagaww0903133
乗船すると出航前に乗船中の諸注意とクジラについての解説がありました。
関西出身の阿部さんのトークはおもしろかったです♪

阿部さんの左後ろはトイレなのですが、トイレにはクジラの行動などについての
解説ポスターが貼ってありました。
nagaww0903131

船を走らせている途中、10隻以上もの船が1つのポイントに集まっていました。
クジラを見つけた船がいると、ほかの船もワラワラと集まってくるんですね。
那覇ではこういうシーンがよくあるようです。
那覇では座間味などと違って、陸上からクジラを探すことができないので、
探すのはなかなか大変。
クジラを探せない時や探すのが不得意な船は他の船がいる場所へ
船をまわす傾向があるそうです。
私たちの目の前で、ものすっごい速さでそのポイントへやってくる船が
けっこういて、驚いてしまいました。
クジラも迷惑してるんじゃないかなぁ・・・

私たちの船は他のポイントを探しました。
阿部船長の場合、経験上、いそうなポイントが頭に入っているそうです。
クジラがいるとお客さんはアッパーデッキと船首でウォッチングをします。
私たちはアッパーデッキから観察。
nagaww0903135
黒島の東側にオスと思われる個体が1頭おりました!
このクジラは約10分間隔で水面へ浮上してきました。
ちょっとあっさりしたクジラでしたねぇ・・・

nagaww0903131
その後もあっさり系の行動を繰りかえしておりましたが、
もしかしたら、2頭いたかもしれません。

途中、雨が降ってきたりして、
ずっとアッパーデッキで船長のお話を伺わせていただいていたので、
寒くなっちゃいました・・・。

下船後には・・・

阿部船長オススメのお店へ連れていってもらいました!!

nagaww0903138
沖縄そば~!
あったまりました~♪おいしかったです。

nagaww0903137
パーラー徳ちゃん。
沖縄っぽくていい雰囲気です(*^_^*)

那覇発のウォッチングは短期間での旅行の際にはとっても参加しやすいです。
今回乗船した船は誠実に取り組んでおられる印象でしたが、
那覇発のホエールウォッチングが本当の意味で、
かけがいのない沖縄の海の魅力を持続的に伝えられるツアーになっていくことを願っています。

個人的にはクジラをたっぷり堪能するにはやっぱり
座間味がいいなぁ~と思いました。
のんびりしてるし・・・。
その人の目的や好みで選べるのは参加する側からすると
いいことなのだと思います。

いつまでもイルカ・クジラと出会える地球であってほしいですね。
Top