国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 7月24日生まれのイルカたち

2016年7月24日、

世田谷区立弦巻小学校【優郷の学び舎 夏のワークショップ】にて開催した

海の環境学習教室では、34頭のイルカたちが生まれました。

つるまき2016ねんど

参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

イルカのアイコン 愛光保育園で海の環境学習教室を開催しました!

こんにちは!事務局Pです。
いよいよ始まりました!イルカ・クジラの夏!!

2016年7月12日、千葉県の一宮町にあります、愛光保育園で
海の環境学習教室「イルカのひみつ・クジラのふしぎ」を開催させていただきました。
今回は保護者会主催行事に協力させていただくという形での実施。
保護者会役員さんに事前に簡単な研修をさせていただき、役員さんも一緒に
子どもたちにイルカやクジラの生態のお話、海の環境のお話などしてくださいました。

今回は、「ザトウクジラの尾びれのタペストリー」を使ったザトウクジラのお話、
ヒゲクジラとハクジラについて学べる「なんだろうBOX」、
海の環境問題について楽しく学べるゲーム「イルカすくい」を行いました。
主に3歳以上の幼児に参加してもらったのですが、小さな子どもたちも
とっても興味をもって参加してくれました!!
zatouohanashi
ザトウクジラの尾びれのひみつ。ちゃんと伝わっていたのがうれしい!

hige0712
ヒゲクジラのひげー!みんな見て触って、楽しそうですね!

irukasukui0712
イルカさんたちが暮らす海をきれいにしたよー

sora0712
日頃、小学生を対象に教室を実施することが多いので、
尾びれのタペストリーの前にお土産のカバンを持って、
1,2歳の乳児が座っているだけでとってもかわいかったです♪

ホールに入りきれないほど大きなクジラ。
今、この時もどこかの海でイルカ・クジラは泳いだり、ジャンプしたりして
わたしたちと同じ地球に生きている仲間だってこと。覚えておいてねー!

開催後、ご家庭でお母さんにいろいろお話してくれたようです。
ザトウクジラの尾びれのお話、ヒゲや歯のお話、
海にうかぶごみで困っているイルカさんがいることまで…
そうした感想をきけて、感激しました!
サーフポイントとして、有名な一宮町。サーフィンが好きで移住をされた方が多い
土地柄なので、この教室に関心を持ってくださる保護者の方も多く、うれしく思いました。
実施に際し、ご協力いただきました、愛光保育園保護者会及び、先生方。
どうもありがとうございました!!

イルカのアイコン 川崎フロンターレのホームゲームイベントに出展しました!

8月6日土曜日、川崎フロンターレのホームゲームイベントに出展させていただきました。

川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」くんはイルカをモチーフにしたマスコット。

イルカつながりのアイサーチは、2011年から年一回イベント出展させていただいています。

 

この日、川崎フロンターレのイベントは「宇宙強大」というタイトルで宇宙がテーマ。

アイサーチも「空飛ぶイルカモビールをつくろう」と新しいワークショップを実施しました。

0802フロンターレ (1)

ペーパークラフトで「スナメリ」と「カマイルカ」を作ります。

背びれがなくつるんとした形のスナメリ、

カマのように曲がった背びれで体の模様もハッキリしたカマイルカ、

それぞれの形と模様を確認して、泳ぎ方を想像しながら作っていきました。

0802フロンターレ (2)

スナメリとカマイルカは、バランスを取って竹ひごにつけてモビールにします。

42人の方に参加いただき、たくさんの空飛ぶイルカが誕生しました。

0802フロンターレ (3)

0802フロンターレ (4)

 

最後にはちょっと地球と環境のお話。

広い宇宙の中で、生命が見つかっている星は地球たった一つだけ。

地球で暮らすイルカ・クジラ・人間、そして多くの命たち。

たくさんの命が暮らしやすい地球であるために。。。

参加した方も一緒に考えてくれました。

 

イベント出展させていただいた川崎フロンターレのみなさま、

参加してくださったみなさま、

今回の機会をいただき本当にありがとうございました。

イルカのアイコン 黒潮町でホエールウォッチング!

スタッフAです。

 

黒潮町報告第二弾、おまちかねのホエールウォッチングについてです!

 

10年ほど前アイサーチで黒潮町に行き、地元の子どもたち向けのイベントを開催した時にウォッチングをしたのですが、その時はニタリクジラ数頭とマイルカの大群に出会いました。

あの壮大な光景は今でも記憶が薄れることなく、感動とともにしっかり覚えています。

 

5年前にプライベートで行った時は、船は出たのですが波が荒くイルカにもクジラにも出会えませんでした。

そして去年、アイサーチのFlipperの取材で黒潮町へ行った際も、風が強く船が出ませんでした

 

あの光景は幻か、と思える日々でしたが、今回は??

 

わたしたちは8:00の便を予約していたので、7:30に港に集合。

受付のあと、事務局の方の黒潮町のクジラやイルカについての説明を聞きます。 

黒潮ww (1)

 

そして定刻どおり、船に乗り込み出発です。

 黒潮ww (2) 黒潮ww (3)

 

少し曇っていましたが、視界は良好!

船が港をでる時の静かな時間は、静かに胸が躍ります。

 黒潮ww (4)

 船長が無線でやりとりしている間、私たちも目視でクジラのブローやミズナギドリが集まる場所を探します。

 

しばらくすると船長が「ここから15分くらいの所にイルカの群れがいるそうなので、そこに向かいます。」とのこと。

期待に胸が膨らみます。

 

船がスピードを落としたその瞬間、「イルカ!」と誰かが叫び、船がゆっくり近づきます。大群でした!

ゆっくり泳ぐイルカたち。

急いでいる様子はありません。

すぐそこに陸が見えていて、本当にこんなに近くにこんなにたくさんのイルカがいるんだ、と思いました。

 黒潮ww (5)

 

船が少しスピードを出すとすぐに船に近づいて来て、船の出す波に乗ってぴったりついてきてくれました。

海も凪いでいて、すごくクリアですごく青い!

黒潮ww (6)

船長のお話ではざっと200頭のマイルカが、約1時間ずっと船の周りを泳いでくれていました。

それはそれは気持ちの良い時間で、また忘れることのできない記憶として残ることになりました。

イルカたち、ありがとう!

お天気、ありがとう!

波とか潮とかも、ありがとう!

感謝の気持ちがいっぱいです。

 

黒潮町はとっても遠いところですが、こんな気持ちをくれる町です。

みなさんも一度訪れてみませんか?

イルカ・クジラの棲む海へ。

 

NPO砂浜美術館、大方ホエールウォッチング(大方遊漁船主会)のみなさん、ありがとうございました!

また行きます!!

黒潮ww (7)

NPO砂浜美術館 ホームページ http://www.sunabi.com/

大方ホエールウォッチング ホームページ http://www.nitarikujira.com/whale/

 

Top