国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内

イルカのアイコン Tシャツアート展出展 番外編 「黒潮町に恋しちゃう」Vol.1

こんにちは!スタッフのSです。

今回はアイサーチのスタッフが増えたので、ニタリクジラを観られることで知られる「大方ホエールウォッチング」にも参加することが出来ました!

まずは入野港のホエールウォッチングセンターへ。
こちらではロッカーに荷物を預けたり、「じぃんず工房 isa」製のニタリクジラの背びれ型のクッション(等身大!)や海洋堂とのコラボフィギュアなどのレアなグッズを購入することも出来ます。

乗船前には大方で見られる鯨類の説明や、ウォッチングのアドバイスを聞くことが出来るので、はじめての人も安心して参加することが出来ます。
イルカ・クジラ好きの人には、最近、現れるようになった珍しいユメゴンドウのお話などが興味深いと思います。
岸壁のクジラのペイント前で記念写真を撮ることもオススメなので、少し早めの到着がオススメです!

レクチャーが終わると、漁師さんの漁船に分かれて出港します。
この日は晴れた凪の海だったので、澄みきった海面が美しく、風を切って走る船に乗っているだけでも気分爽快でした。

 出港して1時間を過ぎた頃、海面に三角の背びれが!

つかの間の遭遇だったので写真は撮れませんでしたが、ハンマーヘッドシャークを観ることが出来ました!
しかし、腹部にはちぎれた釣り具が…。
釣り上げることを避けて糸を切られてしまったのか、痛々しい姿が悲しかったです。
他にも、大方のウォッチングではマンボウやウミガメと出会えることがあるそうです。

引き続き、ニタリクジラのブロー(潮吹き)や、魚や鯨類が集まる目印となる海鳥の姿を探していると、なんと500頭ほどのマイルカの群れが現れました!

イルカの群れは船の帆先に寄って来てスイスイ泳いだりしながら、同じエリアに留まっている様子。

360度、どこを見回しても海面をジャンプするマイルカの姿が…。
そんな贅沢な光景をゆったりとウォッチングすることが出来ました。
ちびっ子イルカ達の「トポン!」と音を立てながら、尾びれを沈ませるジャンプがとても微笑ましかったです。

小一時間ほど経つと、サービス精神旺盛な船長さんが「クジラ観に行くよー!」とニタリクジラを探しに船を出してくれました。
次第に速度を上げる船と競うようにフルスピードで後をついて来るイルカ達は、興奮しているのか腹部がピンク色に見えました!

豊かな黒潮の海を、なめらかに泳ぐ美しいイルカの姿に、最後は思わず目頭が熱くなりました。

その後は、黒潮町・砂浜美術館の館長ことニタリクジラに出会うことは叶いませんでしたが、海の上からTシャツアート展を眺めながら寄港しました。

大方のホエールウォッチングは平成元年(1989)にスタートしており、数々の生態調査に協力したり、鯨類の勉強を重ねた経験豊富な船長さんが揃っているそうです。
実際に、土佐湾の遠洋ではミンククジラやマッコウクジラがいるといった鯨類のお話から、漁師でありながら、お刺身もお酒も大の苦手といった船長さんの意外なエピソードで盛り上がり、地元の人のあたたかさにも触れることが出来ました。
私は観光用の船やクルーザーでのウォッチングしか知らなかったので、より臨場感のある漁船でのウォッチングそのものも楽しかったです!

前日には船からビーチが見える近距離でニタリクジラが現れたという大方のホエールウォッチング。

今回のウォッチングを通じて、私たち人間のすぐ側に広がる海に、たくさんのイルカやクジラが暮らしていることを体感することが出来ました。

今回のウォッチングは、ただ楽しいだけでなく「All as One 〜みんな一つにつながっている〜」というアイサーチのテーマや、海洋汚染についてなど、自分自身の考えを深める特別な機会になりました。

自然との出会いは一期一会ではありますが、少しでもご興味があれば、是非、ホエールウォッチングに出かけて、海そのものを身近に感じてみてくださいね。

 皆さんにも素晴らしい出会いがありますように!



Tシャツアート展 出展レポート本編はこちら↓
令和スタート!今年もTシャツアート展に出展しました

イルカのアイコン 令和スタート!今年もTシャツアート展に出展しました

こんにちは!
ボランティアのしょーこです。

今年のゴールデンウイークも『砂浜美術館Tシャツアート展』に出展してきました!

「クジラに逢える町」高知県黒潮町で開催されている砂浜美術館へのアイサーチの出展も今年で5年目。

私自身は初めての黒潮町だったのですが、毎年来ていただいているようなリピーターのお客さまも多く、充実した出展となりました。

昨年までのイルカやクジラの住む海に浮かぶ “ごみ” だけをすくって、イルカ・クジラを救う『イルカすくい』や、箱の中のクジラの身体のパーツを当てる『なんだろうボックス』に加えて、
今年は、〇×クイズでイルカ・クジラを知ってもらう『イルカ・クジラ トリビアのトビラ』、ちょっと上級者向けの『イルカ・クジラ クイズ』を新たに出しました。

10連休の効果も相まって、想像以上のたくさんの方にお越しいただいた二日間。

『イルカすくい』だけでも2日間でなんと240名もの参加者に挑戦していただきました!

はじめましての子供たちも、常連さんの子どもたちも、真剣な顔で『イルカすくい』に挑戦。

キレイな海を実現した後は、オウギハクジラのおなかの中にたまってしまったごみの話も一生懸命聞いてくれました。

常連さんたちの中には「毎年来てるから知ってるよ!」と時にスタッフよりも上手くルールやごみの話を解説してくれる子どもたちもいて、毎年の出展がちゃんと子どもたちの心に残って繋がっていくのだなと強く実感しました。

また、今回は『なんだろうボックス』の片方にマッコウクジラの歯を入れていたのですが、
なんと持参したフリーペーパー「FLIPPER」にマッコウクジラの特集号が!

マッコウクジラに興味を持ってくれた子どもたちが、そのまま「FLIPPER」を手に取り、大事そうに抱えて帰る後ろ姿に、またひとつきっかけを与えられたのかなと嬉しくなりました。

さらに、今年は例年子どもたちが熱中しているのを眺めるだけだった大人たちも『イルカ・クジラ トリビアのトビラ』に挑戦!

イルカ・クジラの知識を深めつつ、ブースを楽しんでいただくことができました。

最近話題のマイクロプラスチック問題について話したりと、大人も大人で海洋環境のごみ問題に思いを馳せたり。

他にも地元の方に差し入れを頂いたり、お互い地元は別の場所なのに年1回黒潮町で会う繋がりを得たり。

盛りだくさんな2日間となりました。

豊かな自然の中で、そしてイルカクジラの住む海の真ん前で活動ができたのはとても幸せでした。

皆に、そして今回は会えなかったニタリ館長に会うために、また来年も来よう、そんな思いを胸にこれからも活動していきたいと思います!

ちなみに、出店の中での個人的な推しメニューはカレーカツでした。
高野豆腐×チーズ×カレーは絶品ですので、機会があればこちらもぜひお試しください!


Tシャツアート展 初参加のボランティアスタッフによる
レポート番外編 「黒潮町に恋しちゃう」Vol.1 & 2 はこちら↓
Tシャツアート展出展 番外編 「黒潮町に恋しちゃう」Vol.1
Tシャツアート展出展 番外編「黒潮町に恋しちゃう」Vol.2

イルカのアイコン 4月のイルクジカフェ開催しました

こんにちはー!
ボランティアのきくちゃんです。

藤沢本町にあるダイバーズカフェにて、4月イルクジカフェを行いました!
集まってくれたボランティアスタッフに加え、昨年10月の由比ヶ浜のビーチクリーンに参加してくださった方や、アイサーチ ホームページを見て来てくださった方も加わり盛り上がりました。


今回のテーマは「水族館」ということで、
おすすめの水族館の写真や本を各自持ち寄り、見せ合いながら、水族館の魅力や情報を話し合いました。

皆さん好きな生きものなので写真も生き生きとした表情を撮影されてました♪

また、イルカショーやシャチショーでどこの水族館が一番水に濡れるかや、ショーにでているイルカやシャチの家族構成や血縁関係の話など、アイサーチならではのシャチやイルカ話等もたくさん出ました。

終盤では、ミンククジラの肋骨の骨や、ミンククジラのヒゲ板、ハンドウの歯やサメとエイの歯などを手に取り、1つひとつをよく見ながら、なんの生きもののものかを当てるクイズをしました♪

歯の形やヒゲ板の色の違い、匂いなど、実物に触れることで、図鑑ではわからない五感を使っての観察ができました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


2019年4月18日(木) IrukujiCAFE 2019 Apr.

イルカのアイコン 3月のイルクジカフェ開催しました

こんにちは。関西ボランティアスタッフのアイです♪
3月28日に「イルクジカフェ」を開催しました!
今回のテーマは「教えて!みんなのエコ活動」
私はオンライン上にて参加をし、話をリードするホスト役を担わせていただきました。

エコは、アイサーチの活動にもしっかり紐付いてくることなので、普段みなさんがどのようにしてイルカやクジラのことや海のことを思って、エコ活動しているのかを聞いてみました!

・“ポイ捨てはいけない”などと言い回ることよりも、実際に自分でゴミを拾う姿を通して伝えていく(言葉でなく行動で示す)
・小さな頃から環境問題のことを考えていて、気付いたらゴミ拾いをしていた
・アルミ製のマイストローを持ち歩く
・スーパーなどのトレー回収BOXを利用する
・車のアイドリング、運転に気を付ける
・海のゴミ拾い、陸のゴミ拾い、どちらも行う

石垣島でエコツアーガイドしている方は、 島に暮らすからこそ出来ることも実行されていました。

・サンゴ礁保全のために、陸域に木を植える
・ツアーの中でお客さんに、海や山や星のことなどを伝えて、みんなに環境意識を広めていく

そして、イルクジカフェの開催場所であるダイバーズカフェの店内もエコなこといっぱいでした。

・ストローはプラスチック製ではなく、紙ストロー
・照明はLED

このほかにも話せば話すほど、さまざまなことが出てきました。

中でも、特に印象に残った言葉は
「すべての活動は、私たちの「『ごはん』につながる」
最後の「ごはん」ということころは私達が口にする食事のこと。

みなさんの活動を聞くと、それぞれがしっかり意志を持って活動されてることが伝わってきました。

最近、私もほんの身近なことからエコ活動をしています。

例えば、
マイボトルにお茶を入れて持ち歩いたり、
マイボトルにお茶やコーヒーを入れてもらえるカフェやお茶屋さんに行ったり、
マイバッグを持ってコンビニやスーパーで袋をもらわないようにすること。

今回の参加は、オンラインでしたが、私もお店に行って参加できることができたらなーと思いながらレポートを締めます。

ありがとうございました\(^o^)/



※オンライン参加はボランティアスタッフ特権!
距離があっても心はつながっている。

イルクジカフェは、スタッフも参加者もいっしょに「イルカ・クジラのために何かしたい。もっと知りたい」想いを繋げる場。
次回の開催は・・・

2019年4月18日(木) IrukujiCAFE 2019 Apr.

イルカのアイコン 大阪自然史フェスティバル2018に出展しました

初めまして。ボランティアスタッフのアイです。

私は普段、フリーランスでWebやDTPのデザイナーと海洋生物専門イラストレーター(イルカ・シャチなど海洋哺乳類が多めです)として活動していて、2017年イルクジ好きの集まりに参加してからよりイルカ、クジラの生態に興味を持ち、アイサーチ・ジャパンの活動に協力したく、今回初のボランティアスタッフとしてデビューしました。

11月17日(土)~18日(日)に大阪市立自然博物館で開催された「大阪自然史フェスティバル2018」への初出展。

去年、一般客で参加してとても楽しいイベントだったので、今年はアイサーチも出展することになりました。

しかも、ブースは「ナガスケ(ナガスクジラの骨格標本)」の真下ということで興奮しました!

イルクジ好きにはたまらんでしょう!

当日、ナガスケのTwitterで紹介していただきました♪ありがとうございます。

 

当日は、アイサーチ・ジャパンのオリジナルグッズ販売とワークショップで「ペーパークラフトでイルカを作ろう」を作りました。2日間で27名の方に参加いただきました。

長年ボランティアとしても携わり、身近にいる鳥をテーマにワークショップを展開されている「よそみっこ」さんと考案したワークショップです。

これが可愛くて結構細かかったりします。

ですが、完成したら「かわいい〜」「頑張った〜!」って達成感とお土産で喜んでくれました。

 

また、今回はWhale Artistあらたひとむさんとコラボレーションしたオリジナル手ぬぐいも販売しました。

カッコいいデザインで、青と白の両方お買い上げいただいた方もたくさんいました。

さらに、2日目にはあらたさん本人も駆けつけて、オリジナルグッズと「サンレレ」という楽器も一緒に持ってきていただき、ブース内を盛り上げてくれました。

あらたさんのグッズもたくさんの人がお買い上げいただきました!やっぱかっこいいし、マニアックなクジラのグッズもあり、デザインに引き込まれてしまいます。

ブースには他にもあらたひとむさんグッズを求めて来た方や、イルカクジラに興味を持ったお客さんで賑わいました。

少しでもイルカ、クジラたちの住む海の環境保護活動に関心を持っていただけたのではないかと思います。

 

イベント自体の入場者数はなんと2万人以上だったそうです。

いろんな生き物の魅力を伝えるブースがたくさん並ぶ中、先日テレビで放送していたシャチ特集の羅臼の方も出展されており、ここでもイルクジトークをたくさんさせていただきました。羅臼・知床には、まだ行ったことがないので近いうちに行きたいと思います。

 

今回初のボランティアフタッフとしてワークショップや物販に参加させていただきました。

普段はこれを1人でやってましたが、イルカ、クジラが大好きで、それぞれに思いがあるスタッフの皆様と一緒にできたことや、拙い会話でしたがサポートしていただけたり、自身が目指しているアーティストでもあるあらたひとむさんの近くで色々刺激をいただけたことに感謝しています♪

 

この2日間とても楽しく充実しましたので、またスタッフとして関われたらいいなと感じました。

 

(追伸)アワアワ接客しながらでしたが、2日間ホワイトボードも描いてました♪

Top