国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 令和スタート!今年もTシャツアート展に出展しました


こんにちは!
ボランティアのしょーこです。

今年のゴールデンウイークも『砂浜美術館Tシャツアート展』に出展してきました!

「クジラに逢える町」高知県黒潮町で開催されている砂浜美術館へのアイサーチの出展も今年で5年目。

私自身は初めての黒潮町だったのですが、毎年来ていただいているようなリピーターのお客さまも多く、充実した出展となりました。

昨年までのイルカやクジラの住む海に浮かぶ “ごみ” だけをすくって、イルカ・クジラを救う『イルカすくい』や、箱の中のクジラの身体のパーツを当てる『なんだろうボックス』に加えて、
今年は、〇×クイズでイルカ・クジラを知ってもらう『イルカ・クジラ トリビアのトビラ』、ちょっと上級者向けの『イルカ・クジラ クイズ』を新たに出しました。

10連休の効果も相まって、想像以上のたくさんの方にお越しいただいた二日間。

『イルカすくい』だけでも2日間でなんと240名もの参加者に挑戦していただきました!

はじめましての子供たちも、常連さんの子どもたちも、真剣な顔で『イルカすくい』に挑戦。

キレイな海を実現した後は、オウギハクジラのおなかの中にたまってしまったごみの話も一生懸命聞いてくれました。

常連さんたちの中には「毎年来てるから知ってるよ!」と時にスタッフよりも上手くルールやごみの話を解説してくれる子どもたちもいて、毎年の出展がちゃんと子どもたちの心に残って繋がっていくのだなと強く実感しました。

また、今回は『なんだろうボックス』の片方にマッコウクジラの歯を入れていたのですが、
なんと持参したフリーペーパー「FLIPPER」にマッコウクジラの特集号が!

マッコウクジラに興味を持ってくれた子どもたちが、そのまま「FLIPPER」を手に取り、大事そうに抱えて帰る後ろ姿に、またひとつきっかけを与えられたのかなと嬉しくなりました。

さらに、今年は例年子どもたちが熱中しているのを眺めるだけだった大人たちも『イルカ・クジラ トリビアのトビラ』に挑戦!

イルカ・クジラの知識を深めつつ、ブースを楽しんでいただくことができました。

最近話題のマイクロプラスチック問題について話したりと、大人も大人で海洋環境のごみ問題に思いを馳せたり。

他にも地元の方に差し入れを頂いたり、お互い地元は別の場所なのに年1回黒潮町で会う繋がりを得たり。

盛りだくさんな2日間となりました。

豊かな自然の中で、そしてイルカクジラの住む海の真ん前で活動ができたのはとても幸せでした。

皆に、そして今回は会えなかったニタリ館長に会うために、また来年も来よう、そんな思いを胸にこれからも活動していきたいと思います!

ちなみに、出店の中での個人的な推しメニューはカレーカツでした。
高野豆腐×チーズ×カレーは絶品ですので、機会があればこちらもぜひお試しください!


Top