国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター おかげさまで25周年国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内

イルカのアイコン 海へいこう!イルカ・クジラのいる海へ @沖縄県・座間味


座間味村ホエールウォッチング協会
営業シーズン:1~3月
大坪弘和さん

平成26年3月5日「サンゴの日」に31番目の国立公園に指定された座間味村。
3月10日「ザトウの日」でなかったのは残念ですが、サンゴもクジラも大事ですもんね。
ちなみにラムサール条約登録やミシュラン・グリーンガイド二つ星観光ガイドなど世界的には評価されていました。

©座間味村ホエールウォッチング協会 加藤武

さて、ザトウクジラはそんな座間味村近海に冬になると繁殖のために帰ってきます。
今年も200頭ほどが個体識別され、子クジラも15頭前後が確認されました。
協会を設立して24年。全識別頭数は1100頭を超えています。
識別番号1番の「ビッグママ」というメスは、10年以上座間味では目撃が無く、怪しい噂も語られていましたが・・・
何と!!今年久し振りに目撃!
そんなドラマティックな出会いも座間味村ならではです。

©座間味村ホエールウォッチング協会 池田理
※ザトウクジラの場合個体識別は尾びれ腹側の白黒模様で行います。

 

この記事は、アイサーチが発行しているニュースレター最新号【FLIPPER Spring-Summer 2014】に掲載しています。


Top