国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 2016年11月6日 マリノサイエンスフォーラムで講演させていただきました。

こんにちは、事務局Pです。
2016年11月6日、東京大学弥生講堂で開催されました
第11回 マリノサイエンスフォーラム“Science of the Dolphin and Whale”
-イルカとクジラを科学する-で、アイサーチのファウンダーであります、
岩谷(宇津)孝子が講演させていただきました。
20161106shinpo1

主催された東海大学村山司先生のお声かけで
「御蔵島にイルカが棲み続けるために」ということでお話させていただきました。
20161106shinpo3

岩谷が1992年に初めてイルカを求めて御蔵島に上陸し、島の人たちと共に
御蔵島周辺のミナミハンドウイルカの個体識別調査をボランティアで始めた
当時のお話でした。
アイサーチを中心に1994年から10年間の調査活動が終了した後に、
島には御蔵島観光協会もでき、個体識別調査は継続されています。

20161106shinpo4

岩谷はアイサーチの活動から離れて、長いので、
当時のことを思い出しながらの準備でした。
「御蔵島にイルカが棲み続けるために」との思いから
素人ながらも、専門家の方々に支えられ調査を立ち上げ、
160名ものボランティアと共に続けました。
そんなお話を通じて、
これから研究に携わる若い人たちにやろうと思えばやれるんだ!
というメッセージを届けたいなと思い、お話させていただいたそうです。
当時、大変お世話になった、大隅清治先生や村山司先生、
森恭一先生。そして、後期にボランティアのまとめ役として活躍くださった
伊東久枝氏ともこのシンポジウムで再会することができ、
大変ありがたい機会となりました。

御蔵島の当時のお話は後日、ホームページや機関誌FLIPPERで
ご紹介させていただきます。

岩谷は今、子どもたちの施設を2つ運営しています。
誰もが心豊かに幸せに生きられますようにとの願いから
認定NPO法人 フリーキッズヴィレッジ
と専門里親となり、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)うずまきファミリーを
運営しています。

昔も今もそのバイタリティーは変わらず、
心に抱いた思いを実現するために、ひたむきに生きていくその姿に
心が打たれます。
私にとっても、改めて、アイサーチで活動を続けていく意味について
問いかけるいい機会となりました。

村山先生、ご参加いただいた皆様
どうもありがとうございました。

イルカのアイコン 岩手県盛岡市立下橋中学校体験学習を行いました

10月26日(水)、岩手県から下橋中学校の2年生のみなさんが、アイサーチの活動を体験しに来てくれました。

下橋中では2年生の時に体験学習の一貫で東京旅行を実施しており、アイサーチには毎年1グループがNPO/NGO訪問のために来てくれています。

 

アイサーチ事務局は拠点を設けてなく、事務局スタッフがネットワークでつながって活動しているので、毎年GEOC(地球環境パートナーシッププラザ)のセミナースペースをお借りして、下橋中の体験学習を受け入れています。

 

今年も、アイサーチのことを調べてきてくれるのはもちろん、質問事項も考えて事前に送ってくれました。

 

今回来たのは男子2名女子3名の5人グループで、10時30分よりも5分前に到着したので、準備が整ったら少し早めにスタートしました。

 

アイサーチの団体概要や活動紹介をお話ししたあとで、「何か質問はありませんか?」と聞いたら、

・イルカとクジラは何がちがうのですか?

・日本にはどのくらいのイルカやクジラがいるのですか?

・シャチはクジラですか?

・ピンクのイルカはどうしてピンク色なのですか?

などなど、、、、、みんなからたくさん質問が出てきました。

中学生のみなさんなので、ちょっと専門的なことや最近ニュースで話題になったことなどもまじえてお話ししましたが、とても興味深そうに、うなずいたりメモをとったりしながら聞いてくれました。

 

続いて実施した「粘土でイルカを作ろう」でも、さすがは中学生、小さいお子さんたちが作るよりも、よりイルカらしくこだわって形を作っていました。

 16下橋中1 

 

このあとは、アクアパーク品川に行くとのこと。実際にイルカを見る前にいろいろとイルカクジラのことを知りたいと思って、アイサーチに来てくれたそうです。

みなさんのイルカクジラを知ろうとする積極的な姿勢にちょっと感動しました。

 

終わってからもきちんとご挨拶してくれて、とても礼儀正しいみなさんでした。

別れ際に、「イルカが息をする様子をちゃんと見てきてね~」と声を掛けたら、にっこり笑って皆でうなずいてくれました。

 

機会を設けてくださった先生方、訪問してくれた生徒さんたち、下橋中学校のみなさん、どうもありがとうございました!

 

→ この日生まれたイルカたちはこちら ←

イルカのアイコン サマ-フェスisumieに出展しました!

こんにちは、事務局Pです。

27日の板橋区立エコポリスセンターでの海の環境学習教室の翌日。

千葉県いすみ市大原漁港近くの海の直売所で開催された「サマーフェスisumie」に
出展いたしました。

20160828isumie4

 

久しぶりのイベント出展!!

アイサーチのサポートショップ「Flipper’sSTORE」の商品と
海の環境学習教室のアクティビティーより「なんだろうBOX」を持って出展しました。

20160828isumie1

 

「isumie」は千葉県いすみ市を拠点に頑張ってる女性たちを繋ぎ、学びあい、発信する場として、
Facebookページを中心に情報発信しており、アイサーチ・ジャパンも
外房在住のワタクシ、事務局Pがお仲間に入れていただいております。

この日、「isumie」の仲間がリアルに集まる、サマーフェス「isumie」が開催されたのです。

 

「isumie」のスタッフ。(古柴さん、内野さん、青木さん)
3人の活躍に私もがんばろう!という気持ちになるそんな方々♪

20160828isumie5

素敵な雑貨類や植物に加え、
いすみ市ならではの海の幸もいっぱい特別価格で販売してました!

あわび、伊勢海老、干物各種…
磯の香のおにぎりやサンガメンチもとーってもおいしかったですよ♪

私はあわびとアジの干物を買って帰り、あわびごはんを作りました!

20160828isumie3

この日は雨だったので、急遽、外ではなく、お店の2階で出展させていただきました。

2階の窓からは海も見えました♪

20160828isumie2

 

この日、近くでは「港の朝市」という大人気のイベントも開催されておりました。

楽しくておいしいいすみ市。ぜひ、いらしてください。

 

サマーフェスisumie実施に際し、さまざまにご協力くださった皆様。

あたたかな人とのつながりが生まれたこのイベントに参加でき、
うれしく思いました。

どうもありがとうございました!!

イルカのアイコン 板橋区立エコポリスセンターで海の環境学習教室開催しました!

こんにちは!事務局Pです!

8月27日(土)板橋区立エコポリスセンターで実施している「サマーエコスクール」にて、

海の環境学習教室「イルカのひみつ・クジラのふしぎ」を開催させていただきました。

午前と午後の2回実施し、37名の小学生のみなさんが参加してくださいました!

20160827itabashi1

この日はねんどでイルカをつくるワークショップに加え、

ザトウクジラのお話もさせていただきました。

 

20160827itabashi2

ザトウクジラの大きさをロープで実感!!教室の外の廊下です。

「え~!こんなに大きいの?!」という声も聞こえましたよ。

 

イルカ・クジラに詳しくなったところで・・・ねんどでイルカ作りました。

 

世界に1頭だけのイルカを持ってハイチーズ!!

20160827itabashi3
午前の部に参加してくれたみなさん!

20160827itabashi4
午後の部に参加してくれたみなさん!

 この日生まれたかわいいイルカたちは こちら でご紹介してます♪ 

 

20160827itabashi5

アイサーチ・ジャパンを環境にやさしい石鹸の購入を通じて、応援してくださっている

三菱UFJモルガンスタンレー証券様より、参加してくれた皆さんに石鹸のプレゼントがありました。

自然環境に配慮した生活の第1歩がすぐにできるような後押しになれば…と思って、ご協力いただいております。

どうもありがとうございます。

 

ご参加くださった皆様、保護者の皆様どうもありがとうございました!!

板橋区立エコポリスセンターの皆様、実施にあたり、惜しみないご協力をいただき、

どうもありがとうございました!

3 / 1612345...10...最後 »
Top