国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター おかげさまで25周年国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 「海辺の環境教育フォーラム2014 in沖縄」に出展しました!


こんにちは、P事務局員です。
年末休みではありますが、今年に残した最後の仕事として、このブログを書かせていただきます!
話は、1か月以上前。11月のお話です(^_^;)

11月14日~16日にかけて、沖縄大学等で行われた、海辺の環境教育フォーラムに参加しました。
海辺の環境教育フォーラムは海の環境教育関わる人、興味を持つ人のゆるやかなネットワークです。
2001年3月に始まった同名のミーティング、その報告書の作成、メーリングリストの運営などが主な事業だそうです。
私もずいぶん前からこのフォーラムは知っておりましたが、実は自分が参加するのは初めて!!
今回は託児があるということなので、思い切って4歳の子を連れて参加しました。
2014_1116_104319-CIMG0569
写真は一般公開イベント「海がっこう海あしび」に出展したアイサーチの海の環境学習教室の模様。

14日の夜は前夜祭。
私と同じく、アイサーチ歴20年・沖縄在住のMちゃんが料理長をして、揚げ物などのオードブルだけでなく、
沖縄家庭料理やフルーツなども提供してくれ、沖縄伝統舞踊・歌なども観ることができました。
荘厳な踊りや歌を、最前列中央で、わが子が鼻くそをほじりながら、見ていたのに、
本当に一生懸命踊ったり歌ったりしてくださって、申し訳ないやら、大変感謝しております。

15日の午前中はエクスカーション。
私はゲッチョ先生の海辺の自然教室に参加しました。
ゲッチョ先生というのは、沖縄大学の盛口満先生です。
ゲッチョ先生は千葉県館山市出身で、子どもの頃にひろったタカラガイをきっかけに、
漂着物などに大変な関心をもたれ、今に至るそうで、
貝にはまり→木の実にはまり→骨にはまり…と漂着物からいろいろなお話を聞くことができました。
ひげ鯨のでっかい背骨も持たせていただいて、うれしい限りです。

kujirahonepi


Top