国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内

イルカのアイコン 大阪市立自然史博物館に行ってきました!


こんにちは、事務局Iです。

先日、大阪市立自然史博物館に行ってきました!

入口では、ナガスクジラとマッコウクジラの骨格標本がお出迎えしてくれます。

ずーっとこれを見たかったんです!

 

上を見上げれば、滅多に見ることのない内部からの様子を、

見下ろせば、クジラのシルエットを見ることができます。

これって、時間によってはシルエットに影が収まるのでは??

 

この日のお目当ては、

特別展「瀬戸内の自然を楽しむ」のギャラリートーク「瀬戸内海に生息するクジラ類

動物研究室の学芸員の和田さんより、ストランディング個体の回収から解体、骨格標本として展示されるまでの様子や標本の詳しい解説、大阪湾でスナメリにあえるポイントなどを詳しくお話ししていただきました。

ギャラリートークの内容は、YouTubeでも公開されていますので、ぜひご覧ください。

第1部「瀬戸内海でのクジラ類の記録」

第2部「瀬戸内海で暮らす唯一のクジラ類『スナメリ』」

第3部「大阪湾に2015年に漂着したザトウクジラの回収顛末と骨格標本」

 

私も後頭部ががっつり写っています。探してみてね(笑)

 

 

骨格からもその個体の成長程度がわかることなど、わかるともっと面白いですし、

大阪湾内のフェリーからもスナメリが見られることもあるとのこと、ぜひ乗船してみたいですね!

 

特別展に展示されているザトウクジラの骨格は9月3日(日)まで名前募集中です!

私も応募してきました~。

ぜひみなさんも会場で応募してみてくださいね。

 

特別展も常設展も隅々まで見ごたえありです!

人と生き物、自然のつながりを見て、体験して、感じて、考える一日になりました。

大人だけでなく、子どもも一緒に楽しめることまちがいなしです♪

 

特別展「瀬戸内の自然を楽しむ」は、10月15日(日)まで開催。


Top