国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター おかげさまで25周年国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター | アイサーチジャパン

入会のご案内
 

活動レポート

イルカのアイコン 黒潮町でホエールウォッチング!


スタッフAです。

 

黒潮町報告第二弾、おまちかねのホエールウォッチングについてです!

 

10年ほど前アイサーチで黒潮町に行き、地元の子どもたち向けのイベントを開催した時にウォッチングをしたのですが、その時はニタリクジラ数頭とマイルカの大群に出会いました。

あの壮大な光景は今でも記憶が薄れることなく、感動とともにしっかり覚えています。

 

5年前にプライベートで行った時は、船は出たのですが波が荒くイルカにもクジラにも出会えませんでした。

そして去年、アイサーチのFlipperの取材で黒潮町へ行った際も、風が強く船が出ませんでした

 

あの光景は幻か、と思える日々でしたが、今回は??

 

わたしたちは8:00の便を予約していたので、7:30に港に集合。

受付のあと、事務局の方の黒潮町のクジラやイルカについての説明を聞きます。 

黒潮ww (1)

 

そして定刻どおり、船に乗り込み出発です。

 黒潮ww (2) 黒潮ww (3)

 

少し曇っていましたが、視界は良好!

船が港をでる時の静かな時間は、静かに胸が躍ります。

 黒潮ww (4)

 船長が無線でやりとりしている間、私たちも目視でクジラのブローやミズナギドリが集まる場所を探します。

 

しばらくすると船長が「ここから15分くらいの所にイルカの群れがいるそうなので、そこに向かいます。」とのこと。

期待に胸が膨らみます。

 

船がスピードを落としたその瞬間、「イルカ!」と誰かが叫び、船がゆっくり近づきます。大群でした!

ゆっくり泳ぐイルカたち。

急いでいる様子はありません。

すぐそこに陸が見えていて、本当にこんなに近くにこんなにたくさんのイルカがいるんだ、と思いました。

 黒潮ww (5)

 

船が少しスピードを出すとすぐに船に近づいて来て、船の出す波に乗ってぴったりついてきてくれました。

海も凪いでいて、すごくクリアですごく青い!

黒潮ww (6)

船長のお話ではざっと200頭のマイルカが、約1時間ずっと船の周りを泳いでくれていました。

それはそれは気持ちの良い時間で、また忘れることのできない記憶として残ることになりました。

イルカたち、ありがとう!

お天気、ありがとう!

波とか潮とかも、ありがとう!

感謝の気持ちがいっぱいです。

 

黒潮町はとっても遠いところですが、こんな気持ちをくれる町です。

みなさんも一度訪れてみませんか?

イルカ・クジラの棲む海へ。

 

NPO砂浜美術館、大方ホエールウォッチング(大方遊漁船主会)のみなさん、ありがとうございました!

また行きます!!

黒潮ww (7)

NPO砂浜美術館 ホームページ http://www.sunabi.com/

大方ホエールウォッチング ホームページ http://www.nitarikujira.com/whale/

 


Top